飲食店の売上が伸び悩んでいるならコチラをチェック

女の人

成長著しい国への進出

インドネシアは市場の拡大が期待されますが、法令や言語の問題で進出準備に時間がかかります。コンサルティング会社に相談することで、現地の情報を活かした法務、税務、労務のサポートを受け、会社の設立から経営支援までトータルでアドバイスしてもらうことができます。

来店客を増やすには

お店

割引チケットにひと工夫

個人経営が多い業種の一つが飲食店です。他の飲食店で修行した後に独立する、家業を引き継ぐケースが目立ちます。経営者自ら調理場に入り接客もこなす人もいれば、オーナー業に徹している人もいます。どちらにしても適正な売上を確保できなければ店舗はつぶれて収入が絶たれてしまいます。安定した経営のためには安定した売上が求められるのです。売上を伸ばすためには新規顧客の開拓が重要です。飲食店の売上は来店客数と密接な関わりがあります。実際に足を運んでもらわないことには店舗の良さは伝わりにくいのですが、逆に一度ファンになった顧客は何度も通ってくれます。そのため効果的なのは口コミを利用した宣伝方法です。まずは飲食店の常連客に割引チケットを渡します。この時、単に値引きをするチケットではなく「同伴者1名につき500円引き」「3名以上のグループで来店時に使用可」というように客数が増える工夫をするのです。割引チケットをもらった常連客と同伴者はお得な価格で食事をし、飲食店側は新しい顧客をつかむチャンスを得ます。双方にメリットがある宣伝方法なのです。配布枚数と回収枚数の比率を計算すれば、割引チケットの宣伝効果があったのか客観的な数字で確かめることもできます。この方法を試すには日頃から来店客に気を配っておかなければなりません。過剰に親しく接する必要はありませんが、気さくに話しかけられる雰囲気の店であれば売上にも良い影響がでるのです。

相談

企業進出で人気がある国

インドネシアで会社設立する場合、外資法人は2500万円、内資法人は12万円が必要です。インドネシアには開業できない業種のネガティブリストがあるので、まずそれを調査します。該当する場合は現地法人と合弁会社を作ります。会社設立で重要なのは投資登録の申請、納税者番号の取得、銀行口座の開設です。

歯

地域への認知を上げるため

最近では新しく開業する歯科医院の半数以上が内覧会を行います。準備としては配布物やポスターの作製や記念品の手配、警察署への道路使用許可申請手続き、商工会議所へのあいさつなどがあります。内覧会は医院スタッフの意識向上の場でもあります。準備を一緒に行うことで団結力が高まり組織運営がスムーズになるのです。